招待状の宛名書き問題

株式会社ボーベル

0120-31-2410

〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-3-47 アクロス天神Vタワー1209

営業時間:9:30~【予約制】

ブログ

招待状の宛名書き問題

Yuki Yamamoto

2018/02/17 招待状の宛名書き問題

結婚式の準備の中で、超重要ペーパーアイテムのひとつ「招待状」。そして、招待状の発送前にやらなくてはいけない大仕事といえば『宛名書き』です。結婚式準備を経験した新郎新婦様は、「大変だったことベスト5」の一つに選ばれるのではないでしょうか。

 

通常、招待状は一世帯に一通お送りしますが、ご家族をお招きする場合はご家族で一通、成人している方へは別にご準備しお送りするのがマナー。

 

校正ができると、新郎新婦様はゲストの名前や住所、印刷枚数の確認を行います。そして招待状が手元に届き、最初に直面するのが『招待状の宛名書き問題』です。宛名書きのプロに頼む場合もありますが、多くの新郎新婦様はこれを自分たちで行います。

 

招待状

 

最近では、お忙しい新郎新婦様は…、自分の字に自信がない場合は…、など「印刷でもOK」のようなアドバイスを耳にすることもありますが、やはり、ここで大事にしたいのは、自分の字に自信があるかどうか、ということよりも「時間はかかっても自分達で心を込めて宛名を書く」ということ。

 

確かに、普段は使うことが少ない毛筆での宛名書きは大変です。でもこれには、私たちの大先輩たちが大事にしてきた、「人生の節目の慶事や大事な事の前には縁起を担ぐ習慣」から『慶び事は太く濃く』という縁起担ぎが今に受け継がれています。

 

2020年 東京にオリンピックを」その招致プレゼンテーションで話題にもなった、日本人のおもてなしの心。結婚式の準備ひとつひとつは、ほんとに大変です。だからこそ、そのひとつひとつに「おもてなしの心」を詰め込んで、その想いが大切な人へ届くといいな、と願っています。

 

 

ブライダルプロデュースボーベル(Beaubelle Fukuoka)

プランナー 山本由貴
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-3-47
アクロス天神Vタワー1209
0120-31-2410
営業時間:9:30~【予約制】  定休日:毎週水曜日

TOP